雨と晴れの日の蓮

  雨の日と晴れの日に蓮を見てきました。
  昨年はお盆前に見たのですが、今年は、蓮の開花が早いようです。
  蓮には白蓮系統・爪紅蓮系統・紅蓮系統・斑蓮系統・黄紅蓮系統などがあります。
  千弁蓮は、花弁が2,000~3,500枚あるそうです。

  雨の中で見た蓮・・・鹿助公園にて

  大雨が降る中、傘をさし、レインコートを着て池のまわりを一周しました。
  
 蓮池

  蓮の花は、「泥水」が濃いほど大輪の花を咲かせます。
  「泥水」とは、人生におきかえると、つらい、悲しい、大変な事です。
  蓮の花とは、人生の中で花を咲かせること。。。
  蓮の花は、泥水の中からしか立ち上がらないのです。

 泥水の中から

  蓮の花の中に実があるのが「悟り」です。
  つらく悲しい思いがなければ人間は悟る事がないのではと
  お釈迦様が教えたかったのでは。。。    (調べました)
 
 鹿助池 ハス

   

 そして、晴れの日に見た蓮・・・朝倉三連水車にて

  雨の日に蓮を見てから一週間後です。 
  朝、出かける時は、前日までの暑さと違って風がふき
  ここちよい時でした。
 
 蓮畑 (2)

  この蓮の花は桃のようです。

 蓮

  こちらに咲いている蓮の葉は大きいような気がしました。

 蓮畑

 蓮達
 
  葉の間からにっこりと顔を出してくれています。

 葉の間に

 花、実、葉

 蓮 (2)

  三連水車

 三連水車

  実際に白い蓮の花を見たのは初めてです。
  雨の中の蓮をこうして見ると、憂いがあるのだなと気がつきました。
  
  季節を感じさせる蓮の花を見ると、お盆が近づいてきた事を
  知らせてくれました。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 鍵コメさんへ

こんばんは
お返事が遅くなりごめんなさい。
今回は、見に行かれなかったのですよ。
もう、あれから1年たったのですね。
鍵コメさんは、もうお一人家族が増えられ
大変だったのではないでしょうか。
蓮池の方は、もう少し見られるかも知れませんね。
コメント有難うございます。

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ ちぃちぃさんへ

こんばんは~
コメント有難うございます。
ネットで千弁蓮を見たのですが、こんなに枚数があるのかしら?と
思いました。あたまが重くないでしょうかね~
きっと、茎が太いのかも知れませんね。
もっと、早く行くと、違う蓮を見る事ができたようなのですが
来年の楽しみにしています。
ちぃちぃさんは、蓮を見られましたか?

§ ゆーさんへ

こんばんは~
雨に濡れたお花は、どんなお花もきれいだと思っていたのですが
写真を撮ってみるとあまりよろしくないな~と思っていました。
それで、晴れの日の蓮を見たくて違う場所へ行きました。
蓮の事を調べていると「なるほどね~」と思い、雨の日の画像をアップしたのです。
ゆーさん、こちらこそ有難うございます。
ゆーさんも蓮を見に行かれたら、写真をアップお願いしますね。
いつもコメントをいただき有難うございます。

§

こんばんは。

蓮のお花、美しいですね~。
それに青空とのコラボのお写真、とっても美しくて素敵❤
水車も涼しそう~。

「千弁蓮」って初めて聞きました。
花弁がそんなにある蓮の花もsるのですね。まったく知りませんでした。
一度お目にかかりたいです(*^_^*)

§

こんにちは。
蓮って何だか綺麗で神々しくって素敵ですね。
泥の中からスックと立つ姿は、何かを教えて
くれてるみたいです。ジーンとしました。
泥の濃いほど、大輪が咲くのですか~。
泥の中からしか立ち上がらないっていうのも、
感動的ですね。
最近ちょっと色々疲れていたのですが、
何だか少しスッキリした気がします。
ありがとうございます。
私も今年は近くの沼に、蓮を見に行って
見ようかなと思いました。ヽ(^。^)ノ

§ はたやんさんへ

こんばんは
蓮が咲いている所は、養蜂場があるのですが、こちらでは
三連水車として、ご存知の方が多いと思います。
鹿助公園より、養蜂場に咲いている蓮の方が近くで見ることができました。

今回、調べた事を少し簡単に書いてしまいました。
「泥水」が濃い方が大輪の花を咲かせると書きましたのは
「人生の中」の蓮の花の事のようです。
いつもコメントをいただき有難うございます。

§ 美しいハスの花

こんにちは~

朝倉三連水車は全国的にも大変めずらしいもの
なのでしょうかね~
初めて拝見しましたよ。

そこで咲くハスの花とても綺麗に撮られて
いて素晴らしいですよ。
花弁の先が濃いピンンク色に彩られていて
より一層美しさが際立ってます。

雨の中に咲くハスの花ですが
泥水が濃いほど大輪の花を咲かせるとは
不思議なことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノンタン

Author:ノンタン
四季の風を感じながら小さな幸せを見つけ自分が歩いてきた事を記録として残します。

カテゴリ
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )

複眼RSS
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
旬の花時計 V2