涙‥涙

知人が太平洋戦争末期、世界の恒久平和を願って建設された
知覧特攻平和会館に行きました。その時に、特攻隊員の方々が
遺した最後の言葉、「 いつまでも いつまでもお元気で 」という
本を買ってきたので読ませてもらいました。
今の知覧の風景だと思いますが、写真と隊員の方々が家族に残された手紙が
載っています。その中で特に心に残った手紙が子供さん宛てに書かれた
「父ちゃんは戦地で手柄をたててお土産にしますので待ってて頂戴」という内容と
弟さんに宛てた「一歩先に往く。自分の嫁は空母と決めた。君は三国一の花嫁を迎えてやりたいな」と
いう内容です。もう私は号泣です。
本には、隊員の方々のプロフィールとして写真・名前・出身地が載っていて、18歳で亡くなられた方、
終戦の一ヶ月半前に亡くなられた方がいらっしゃいます。
この事を書きながら、全ての手紙が思い出されて涙‥涙です。
私も来年、知覧に行こうと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

§

yoshinokuさん おはようございます
こちらこそいつも有難うございます。知覧いかれたんですね。
会社の人も行ったことがあり、印象が強かったのか私が本を読んでいたら
見れないとおっしゃっていました。
私は本を読んだけでしばらく頭の中から離れなかったので
多分号泣でしょうね。
コメント有難うございました。

§

今晩は、先日は、有難うございました。テンプレビックリしました!すてきですね。知覧は、一昨年行かせて頂
き、本当に感激しました。是非行かれて下さい。命の尊さを改めて感じさせていただきました。ノンタン
さんの上達には、びっくりします。努力されてるんでしょうね。自分も少しずつ頑張ってみます。

§ nikonfeさんへ

はじめまして。
コメント有難うございました。
私も以前、鹿児島市内に2年ほど住んでいた事があります。
私も指宿にいきました。
知覧は知人が行ってその時に本を買ってこられて読ませていただき
毎日泣いていました。
今でも隊員の方の写真と言葉忘れられません。
知覧へ行かれた時には是非写真をお願いします。
私も来年行きます。
今日も素敵な写真を見せていただき、有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

§ 知覧行きたいです

鹿児島は高校生のとき行っただけで、それも指宿だけです。
あれから40年。
いろんなことを見聞してきたせいか、歴史に興味を持つようになりました。
特攻隊員達が最後の夜に食堂だか旅館に行き、そこの小母さんによくしてもらったことなどをネットで知り、戦争の悲惨さを再認識したものです。
知覧は武家屋敷などもあり歴史的にも興味があり、ゆっくりまわってみたいものです。
今日は「炭鉱町のセレナーデ」を見に行こうかと思ってます。
自分が育った昭和の時代にタイムスリップするために・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノンタン

Author:ノンタン
四季の風を感じながら小さな幸せを見つけ自分が歩いてきた事を記録として残します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
旬の花時計 V2