51回目の曲水の宴

 今朝、起きてカーテンをあけると光が入り
 久しぶりに心地よい朝を迎えました。

 今月の第一日曜日に太宰府天満宮へ「曲水の宴」を見に行きました。

  <曲水の宴>
 平安時代の宮中行事を、今に再現する禊祓(みそぎはらえ)の神事です。

 奉献の儀を終えられ曲水の庭へ入ってこられる様子です。

 姫さま


    飛び梅の舞

 飛び梅の舞

  白拍子の舞
  梅の花びらが舞う中、きれいでした。

 三拍子ー3

 この水路に酒杯を浮かべ自分の前に来る前に和歌をつくります。

 お水

     お姫

 梅

     曲水

 曲水の宴

 この後、和歌の朗詠が始まりましたが、雨で寒くなり
 途中で帰ってきました。
 今年で3回目なのですが、雅な絵巻を見れました。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ りりぃべるさんへ

こんばんは~
今年の「曲水の宴」は、特に梅の花と十二単がピッタリだと
思いましたね。
ちらほらと舞う梅の花が特に演出してくれたように感じました。
知人は、梅の木で見えないといっていましたが
私は、梅の木の間から見る舞が素敵だと思いましたけれどね。
りりぃべるさん、いつもコメントをいただき有難うございます。

§

こんばんは!
素敵ですね~。
まるでタイムスリップしたような、雅な雰囲気と、梅の花がとてもぴったりで。
本当に、平安絵巻のようです。

§ ちぃちぃさんへ

こんばんは~
十二単を着られている方は、平気なお顔をされていましたよ。
今年は、特に梅の花と着物が美しい~!と思いました。
曲水の宴は、太宰府天満宮の文書館のお庭で行われたんですよ。
いつも水路はどこかな?と思っていましたが、ようやく見つけました。(*^_^*)
ちぃちぃさんが喜んでいただき、私の方が嬉しくなりました。
ちぃちぃさん、いつもコメントをいただき有難うございます。

§ 鍵コメさんへ

鍵コメさん お疲れ様でした。
今年は、17日迄でしたね。
鍵コメさんは、15日に終わられたかな?と思っていました。
来月からも、ちょっと大変そうなのかしらと、素人考えを
してしまいました。
でも、鍵コメさんは、お忙しい方が。。。
この続きは、鍵コメさんのブログの方で。(笑)
絵巻で少しは癒されていただいたでしょうか。
私は、お尻にホッカイロを敷いていたのですが
寒くてたまりませんでした~。
鍵コメさん、コメント有難うございます。

§ はたやんさんへ

こんばんは~
「白拍子の舞」を舞われている方は、花柳流の名取さん?だと
いわれていましたよ。今年で3回見せていただきましたが
きりっとされていました。
梅の木の間から見ましたので、はっきりわかりませんでしたね。
和歌は何方が作られたのかお名前をいわれてから朗詠されて
いたと思うのですが。
途中で帰ってしまい「ごめんなさい。」でした。
はたやんさん、いつもコメントをいただき有難うございます。

§

こんばんは。

太宰府天満宮「曲水の宴」、華やかですね~。
十二単は色合い鮮やかで美しいですが、ちょっと重そう・・・
でも来ていらっしゃる方は、それを思わせない感じが素晴らしいです。十二単なんて来たことありませんが、きっと身が引きしまる思いなんでしょうね。
梅も咲き、和歌をよむという水路の場所は、とっても美しいお庭のようですね。

美しい場所での素敵なお祭り(行事)、見る価値がありますね(*^_^*)
私もこのようにノンタンさんの記事で見せていただき、うれしいです。

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ 曲水の宴

こんばんは~

太宰府天満宮の「曲水の宴」はとても雅やかなものですね
平安時代の宮中行事を今に再現する
禊祓の神事だそうで、十二単がこれまた素晴らしいです。

紅白梅が咲く前での飛び梅の舞や白拍子の舞は
さぞや綺麗だったことでしょう。

どのような和歌が作られて朗詠されたのか
興味が有りますね。

珍しい曲水の宴を見せて下さって
有難うございました。

§ 海ママけいさん コメント有難うございます

こんばんは~
海ママけいさんに喜んでいただきよかったです。
梅の木が多くて見づらかったのですが、それはそれで
いい雰囲気でしたね。
太宰府天満宮でいろんな行事が行われている事を
数年前から知りました。

§ りんごパパさんへ

こんばんは~
やはり、梅の花が、お着物を艶やかにみせてくれていますね。
特に青い十二単を着ている方が、梅の花のピンク色とよく似合っていたと
思いました。
いい絵に見えてよかったです。
ちょっと寒かったのですが。。。
りんごパパさん、いつも有難うございます。

§

平安絵巻素敵ですね
みんな素敵ですね
なかなか見られないものを見せていただきありがとうございます

§ 平安絵巻

いいですね〜。

梅の花って、平安時代に似合うんですね〜。いい絵をみせて頂きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノンタン

Author:ノンタン
四季の風を感じながら小さな幸せを見つけ自分が歩いてきた事を記録として残します。

カテゴリ
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )

複眼RSS
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
旬の花時計 V2