義士祭へ

今日12月14日は、忠臣蔵で知られる赤穂浪士討ち入りの日です。
赤穂四十七義士は、東京高輪泉岳寺に祀られ供養されていますが
昭和10年、篤志家木原善太郎氏が私財を投じ、泉岳寺と同宗の
興宗禅寺境内に赤穂四十七義士の墳墓を模して建立しました。
福岡義士会はこれを機に結成されました。

       義士会

 福岡藩に伝わる黒田伝承の武技のひとつ手に抱えて撃つ
 「陽流抱え大筒」です。

 義士祭 (2)

 大筒の重さがあり、一番重いのは何十キロだったかな?
 忘れちゃいました。

 大筒8
 
 火薬をつめています。

 火薬

 2年前も見に行ったのですが、多分、炎が写るだろうと思う所に
 カメラを向けていましたが、爆音でびっくりしてシャッターを切ってしまいました。
 今日は、音にはびっくりしませんでしたが、失敗です。 ( あはは~でした。)  
 
 大筒

 大筒3

 若野太鼓です。
 寒い中、元気よく叩いてくれましたよ。

 若野太鼓

           若野太鼓2
 
 どこへでも出かける管理人です。(笑)
 さて、次はどこへ?  ( 実は決まっています。)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ はたやんさんへ

はたやんさん こんばんは~
めったに雪が降らないこちら地方ですが
昨日からちらほらと雪が降っていますよ。
はたやんさんがお住まいの所はいかがでしょうか...
知らなかった場所やいろんな行事があるのですね。
爆音は2年前ほど大きくなかったし覚悟していましたので
大丈夫でした。
伝統行事はずっと引き続いてほしいですね。
いつもコメントをいただき有難うございます。

§ ちぃちぃさんへ

ちぃちぃさん こんばんは~
コメント有難うございます。
今年は、2年前よりか音が小さかったので
びっくりしませんでした。
でもね~、なかなかタイミングが合わなくて難しいです。
今回は、大筒を抱えて発砲されるまでが早かったかな。
ちぃちぃさんを笑わせてしまっちゃいましたね。^_^
寒い中、子供達は夏の装いで頑張って太鼓をたたいていましたよ。
日曜日に予定している所は、雪が積もりやすくて通行止めになると
行けないかもしれません。

§ そよかぜさんへ

そよかぜさん こんばんは~
十数年前から義士祭があっていた事は知っていたのですが
抱え大筒の事は知らなかったんですよ。
敵をびっくりさせるために音が高いそうです。
この日は投票日でしたが、日曜日だったのでたくさんの人達が
見に来られていましたよ。

お話しは変わりますが、今日、背振山の頂上に雪が積もっていましたよ。
数年前に、同じ時刻に背振山を見た事がありましたね。
毎日、見る度に、そよかぜさんの事を思い出しています。^^;
そよかぜさん、患者さんが多いでしょうが、風邪をもらわないで下さいね。
コメント有難うございます。

§ 福岡義士会

こんにちは~

泉岳寺と同宗の興宗禅寺境内に
赤穂四十七義士の墳墓を模して建立されているのですね、初めて知りましたよ。

毎年12月14日に、忠臣蔵・四十七義士の冥福を祈ると同時にこのような祭典が行われ、
手に抱えて撃つ「大筒撃ち」も行われるのですね。
大筒だけに爆音もさぞや大きいのでしょうか
迫力あったことでしょう。

和太鼓の披露もあって盛り上がりましたね。

§ No title

こんばんは。

このようなお祭りも良いものですね~。
2年前、音にビックリしてシャッターを切ってしまったというノンタンさんを思い、ひとりでかわいらしぃ~っと思ってしまいました(*^_^*)
ちびっこが太鼓をたたき、きっと賑やかで活気あふれるお祭りだったのでしょうね。
今度はどこへお出かけするのかしら~。アップされるのを楽しみにしていますね。

§ ノンタンさんへ

福岡義士会。
こういうのがあるんですね。全然知りませんでした。
もう80年も続いていて、守り伝承されているのですね。勉強になりました。

12月14日は選挙一色で忠臣蔵もなりを潜めていましたね。

お寒い毎日です。風邪ひかないよう用心なさってください

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノンタン

Author:ノンタン
四季の風を感じながら小さな幸せを見つけ自分が歩いてきた事を記録として残します。

カテゴリ
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )

複眼RSS
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
旬の花時計 V2